お知らせ

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

 北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとしており、当該情報伝達の流れや注意点等、武力攻撃やテロなどから身を守るためにどのように行動するべきか等について周知を図っています。
 昨今の情勢を踏まえ、問い合わせが多く寄せられている、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動について国民保護ポータルサイトに掲載されていますのでお知らせいたします。

弾道ミサイル落下時の行動について

○弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
○ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。
 

弾道ミサイル落下時の行動について

メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。PDFPDFファイル(153KB)

【屋外にいる場合】
○近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
○近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】
○できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

※詳細については、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます)をご覧ください。
 

よくあるお問い合わせについて

Q&APDFファイル(226KB)
 

 

 

お問い合わせ先

■問い合わせ先  総務課 (危機管理室) 消防・防災グループ  ☎: 0278-25-5002

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。