暮らし

学校給食における食物アレルギーの対応について

1 基本的な考え方
 学校給食は、必要な栄養を摂る手段であるばかりでなく、児童生徒が「食の大切さ」「食事の楽しさ」を理解するための教材としての役割を担っています。このことは食物アレルギーのある児童生徒にとっても変わりはありませんので、食物アレルギーの児童生徒が他の児童生徒と同じように給食を楽しめることを目指すことが大切です。
 食物アレルギーのある児童生徒は、原因食品や症状の程度が一人一人異なるため、学校給食においても、食物アレルギーのある児童生徒への個別対応が求められてきています。
 みなかみ町では、安全を守ることを第一に考えているため、集団給食という性質上、現在できる範囲の中で、児童生徒にとって最善の対応に努めてまいります。

2 アレルギー対応食実施までの流れ
 (ア)保護者との個別面談
   就学時検診案内に同封した「食物アレルギー調査」で、食物アレルギーがあると回答した児童生徒の保護者が、個別面談の対象となる。
   個別面談のねらいは、対象児童生徒のアレルギーに関する具体的な情報や保護者の希望を把握すると同時に、学校側の状況を保護者に理解していただき、適切な
  対応を検討する基礎資料を作成することにある。また、最終的な対応方針を理解してもらうために、良好な関係を築く場にもなる。

  <個別面談のポイント>
① 必要な申請書類が適切に提出されていることを事前に確認する。
② 各面談者の立場から、学校現場の状況を伝えるとともに、保護者の考えや希望を傾聴して相互理解を深める。
③ 保護者に学校給食の提供までの流れや、学校及び給食センターの現状を理解してもらう。
④ 診断や申請内容に不明瞭な点があれば、主治医への再確認を促すか、保護者同意の下に主治医に診断内容を照会する。
⑤ 毎年1回程度(主として進級時、その他必要に応じて適宜)は個別面談を行い、主治医の診断をもとにアレルギー症状の変化を把握して対応方針を変更する
  必要性の有無を確認し、保護者、教職員とで情報を共有することに務める。
 (イ)個別面談に必要な書類
  a 個別面談に先立って保護者に提出を求める書類
    ・食物アレルギー対応食申請書・・・・・【様式1】
    ・食物アレルギーに関する学校生活管理指導表、または医療機関の診断書
  b 栄養教諭・学校栄養職員が個別面談の結果に基づいて作成する書類(食物アレルギー対策委員会に提出する)
    ・個別面談記録票・・・・・【様式2】
    ・アレルギー対応食確認票・・・・・【様式3】
    ・詳細献立表(保護者に示す資料として)

 (ウ)食物アレルギー対策委員会
   食物アレルギー対策委員会は、個別面談で確認された個々のアレルギー対応食申請について、学校管理者などを含めた構成員で検討し、必要な対応レベルを
  確認する。委員会には、学校医など医療関係者が専門的な立場から参加できることが望ましい。申請内容に妥当性を欠くと思われる点が残っていれば、保護者を通じ
  て、あるいは保護者の了解のもとに診断内容について主治医に照会することも考慮する。さらに、教室内での配膳や後片付けに関する注意点や、緊急対応の方法に
  ついてもこと委員会で確認する。
   委員会の結果は、給食センターから教育委員会に申請(または報告)する。

 (エ)教育委員会への申請・報告から対応の決定通知
   各学校の「食物アレルギー対策委員会」での結果から申請・報告を受けて、教育委員会は管轄する共同調理場の対応能力などを考慮して、個々の申請に対する対
  応レベルを決定し、校長及び申請者に対して通知する。
    ・学校給食アレルギー対応給食実施決定通知書・・・・・【様式4】

3 対応基準
 学校給食における食物アレルギー対応食の対応基準について以下の点を基本とします。
【食物アレルギー対応食の対応基準】
基本的に、以下の基準をすべて満たした場合に対応します。
(1)医師の診断により、食物アレルギーと診断されている。
(2)原因食品(アレルゲン)が特定されており、アレルギー疾患用学校生活管理指導表により医師から食物除去療法を指示されている。
(3)家庭でも原因食品の除去を行うなど食物除去療法を行っている。
(4)定期的に受診し、評価を受けている。(年1回以上)
4 アレルギー対応食提供までの流れ(給食センター)
 第1週 献立会の実施
     ・来月分献立原案作成
     ・来月分見積書作成(見積書・栄養成分表・配合表の依頼)
 第2週 見積会の実施
     ・来月分使用食材見積合せ
     ・栄養計算
     ・栄養成分表・配合表の依頼(不足分)
     ・コンタミ確認の依頼
      ※コンタコとは、コンタミネーションの略称で、食品を製造するときに原材料としては使用されていないが、意図せず最終製品に特定原材料などが混入してしまう
       ことをいいます。
 第3週 使用食材の確認(アレルギー対応等検討)
     ・複数人での来月分使用食材の配合確認・・・・・【様式5】
          (詳細献立表作成・指示書への明記等)
     ・アレルゲンの確認(アレルギー物質・含有量)・アレルギー対応の検討
 第4週 保護者との確認(書面)
     ・個別に確認表を作成し、詳細献立表を添付する。(給食センター ⇒ 学校 ⇒ 家庭)
     ・家庭から戻ってきた確認表を確認し、アレルギー対応を決定する。
 調 理
     ・納品された食材の確認(検収担当者)
     ・使用量の確認(調理担当者)

5 対応にあたっての注意事項
 (ア) 献立作成時
    ・「そば」「ピーナッツ」は、原則として給食では使用しないようにする。
 (イ) 詳細献立表作成時
    ・調味料や加工食品についても、原材料を調査し記載する。
    ・記入漏れなど間違いがないように複数の関係者が確認する。
 (ウ) 発注時 
    ・事前に可能な限りアレルゲン情報を把握する。さらに加工食品や調味料等については、原材料配合表やアレルギー表示・コンタミネーション(※)などの資料提供を
     業者に求め確認する。
    
 (エ) 検収時
    ・納品されたものが発注したものであるか、確実に検収する。
    ・デザートなどが納品業者から直接納入される場合は、受配校の検収責任者が検収し確認する。
 (オ) 調理作業時
    ・対応食調理担当者を決め、アレルゲンや代替食品を確認する。
    ・調理中にコンタミネーションが起こらないよう、専用スペースで調理し、調理器具やエプロン、手洗い等の配慮をする。
    ・加熱調理の温度確認や衛生的な取り扱いなど、通常給食と同様にし、保存食の採取や検食を行う。
    ・対応食には誤配のないように、学校名・クラス名・氏名を明記し、確認表と共に配送する。
 (カ) 学級での配前時
   【学級担任等】
    ・対応食及び確認表に記入されている内容を本人と口頭で確認する。
    ・同じクラスに対応者が複数いる場合、特に注意する。
   【児童生徒】
    ・自分自身でも対応食を確認し、食べ始めるまでラップ等をはずさないようにする。
 (キ) 給食を食べる時
   【学級担任等】
    ・食物アレルギー対象児童生徒が体調不良などの異変を起こしてないか、十分留意する。

 ■【様式1】・・・・・食物アレルギー対応書申請書   PDF形式PDFファイル(123KB)   Word形式ワードファイル(44KB)      
 ■【様式2】・・・・・個人面談記録表                         PDF形式PDFファイル(74KB)       Excel形式エクセルファイル(14KB)
 ■【様式3】・・・・・アレルギー対応食確認票       PDF形式PDFファイル(114KB)       Excel形式エクセルファイル(16KB) 
 ■【様式4】・・・・・学校給食アレルギー対応食実施決定通知書      PDF形式PDFファイル(80KB)      Word形式ワードファイル(32KB)
 ■【様式5-1】・・使用食材配合確認記録票            PDF形式PDFファイル(112KB)       Word形式ワードファイル(30KB)

【資 料】
 ■食物アレルギーによる給食の対応について(NO.1)  PDF形式PDFファイル(87KB)   Word形式ワードファイル(38KB) 
 ■食物アレルギーによる給食の対応について(NO.2)  PDF形式PDFファイル(71KB)
■コンタミネーションの確認について             PDF形式PDFファイル(99KB)
■群馬県教育委員会アレルギー疾患用 学校生活管理指導表  PDF形式PDFファイル(632KB)
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。