お知らせ

谷川連峰 絶景といのちが織りなすエコパークの山々

2019年4月3日

第59回企画展 谷川連峰 絶景といのちが織りなすエコパークの山々

群馬県立自然史博物館(富岡市)において、2019年3月23日(土)~5月19日(日)の間、「谷川連峰~絶景といのちが織りなすエコパークの山々」として企画展が開催されます。
 本企画展は、谷川連峰の絶景を作り出した地質や雪と氷の営み、そこに生きるユニークで多様な動植物、さらにみなかみユネスコエコパークの核心部での保全活動を美しい写真やバーチャル体験を交えて紹介します。

群馬県立自然史博物館ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

谷川連峰 絶景といのちが織りなす エコパークの山々

開催期間 2019年3月23日(土)から2019年5月19(日)

開館時間 午前9時30分から午後5時まで(ただし、入館は午後4時30分まで)

観覧料  一般610円、高校・大学生300円、中学生以下無料 ※4月28日(日)は、特別企画「みなかみデー」として、みなかみ町民限定で入館料が無料になります。

企画展記念シンポジウム
いつまでも美しく豊かな谷川連峰であり続けるために


講師:日本自然保護協会、みなかみ町エコパーク推進課、谷川岳エコツーリズム推進協議会
日程:4月14日(日)午後1時30分~午後3時30分
定員:100名

企画展観察会
みなかみ町共同企画 谷川岳天神平観察会


講師:群馬県立自然史博物館職員・谷川岳エコツーリズム推進協議会会員
日程:5月26日(日)午前9時15分~午後3時
会場:谷川岳天神平
定員:30名
参加費:50円(ロープウェイ運賃・リフト運賃等は各自ご負担)