○みなかみ町営温泉センター「三峰の湯」条例施行規則

平成17年10月1日

規則第102号

(開館時間)

第2条 みなかみ町営温泉センター(以下「温泉センター」という。)の開館時間は、次に掲げるとおりとする。ただし、町長は、必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(1) 3月から10月まで 午前10時から午後8時まで

(2) 11月から2月まで 午前10時から午後7時まで

(休館日)

第3条 温泉センターの休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎月第3水曜日

(2) 12月30日から翌年1月1日まで

2 町長は、前項に規定する休館日のほか、温泉センターの管理上必要があるときは、臨時に休館日を定め、又は休館日に開館することができる。

(平20規則12・一部改正)

(利用券の交付)

第4条 町長は、温泉センターの利用者が条例第9条に規定する使用料を納付したときは、温泉センター利用券(1回券)(様式第1号)を交付する。

(証明書の発行)

第5条 町内に居住する65歳以上の老人(以下「老人」という。)には、温泉センター利用証明書(様式第2号)を発行する。

2 温泉センターを利用しようとする老人は、入館時に証明書を受付に提示し、係員の確認を受けなければならない。

(住所氏名の記載)

第6条 温泉センターを利用しようとする者で条例10条に規定する使用料の減免を受けたものは、入館時に受付で入館者の氏名等を温泉センター利用簿(様式第3号)に記載するものとする。

(管理人)

第7条 条例第3条の規定により温泉センターに管理人を置く。

(管理人の債務)

第8条 管理人の責務は、次の各号に定めるところによる。

(1) 条例8条に規定する者の利用を禁止すること。

(2) 館内の清掃等を行い清潔を保つようにすること。

(3) 浴室の換気及び給湯水に注意し、適温を保つようにすること。

(4) 温泉センターの利用者の遵守すべき事項について指導を行い違反者に対し、これを制止すること。

(管理人の報告義務)

第9条 管理人は、温泉センターの利用及び管理の状況について利用状況報告書(様式第4号)及び管理日報(様式第5号)により町長に報告しなければならない。

(遵守事項)

第10条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 利用の許可を受けた施設以外に立ち入らないこと。

(2) 許可を受けずに温泉センター内において寄附の募集、物品の販売、飲食物等の提供、広告物の掲示等を行わないこと。

(3) 許可を受けずに火気等を利用し、又は所定の場所以外において喫煙しないこと。

(4) その他町長が定める事項に違反しないこと。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の月夜野町営温泉センターの設置及び管理に関する規則(平成2年月夜野町規則第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年4月1日規則第12号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

みなかみ町営温泉センター「三峰の湯」条例施行規則

平成17年10月1日 規則第102号