暮らし

『認知症かも?』と不安を感じたら・・・

群馬大学保健学研究科教授 山口晴保先生『認知症の基礎知識』講演会より・・・

・65歳以上の人が亡くなるまでに認知症になる確率は50%である
・『認知症にならない』ことはできなくても、発症を遅らせることはできる
・認知症の発症や進行を遅らせるためには、『生活習慣病の予防』と同様に、『運動』と『バランスのとれた食事』が大切
・薬物による治療も有効などのお話がありました。

また、認知症の初期症状かどうか判断するために・・・
ご家族が『認知症かも?』と不安を感じたら、最近1か月の状態について、以下の質問票のあてはまるものに○をつけてみてください。
(日々の生活の様子から判断してください。ただし、身体的な原因によるものは除きます。)
ご家族がチェックし、『4つ以上○がついた』場合は、早めに医療機関にご相談ください。

  1. 同じことを何回も話したり、尋ねたりする

  2. 出来事の前後関係がわからなくなった

  3. 服装など身の回りに無頓着になった

  4. 水道栓やドアを閉め忘れたり、後かたづけがきちんとできなくなった

  5. 同時に二つの作業を行うと、一つを忘れる

  6. 薬を管理してきちんと内服することができなくなった

  7. 以前はてきぱきできた家事や作業に手間取るようになった

  8. 計画を立てられなくなった

  9. 複雑な話を理解できない

  10. 興味が薄れ、意欲がなくなり、趣味活動などを止めてしまった

  11. 前よりも怒りっぽくなったり、疑い深くなった

 

出典:群馬大学大学院保健学研究科 山口晴保先生研究室ホームページより

認知症チェックシートダウンロードPDFファイル(66KB)

お問い合わせ先

■問い合わせ先  町民福祉課 包括支援センターグループ  ☎: 0278-62-0540

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。