お知らせ

みなかみ町の広葉樹で家具が製作されました!

森と人を繋ぐ椅子「Mori:toチェア(モリートチェア)」

モリートチェア

 みなかみ町とオークヴィレッジ株式会社(岐阜県高山市)は、みなかみ町産の広葉樹を活用するプロジェクト(注1)として初めて手掛けた家具製品「モリートチェア」を発表いたしました。「森と人を繋ぐ椅子」というコンセプトで、自伐型林業(注2)によって伐り出されたコナラやクリなどの広葉樹を活用しております。
 このようにみなかみ町では、ユネスコエコパークとして登録された豊かな自然環境、資源を「守り、活かし、広める」取り組みの一環として、町内の広葉樹等を活用することによって、里山林の保全や地域の活性化を目指した取り組みを推進してまいります。



注1 みなかみ町とオークヴィレッジは、2018年12月に包括的連携協定を締結し、林業の六次産業化や広葉樹の活用、地域の活性化を目指した「森林(もり)を育む広葉樹産業化プロジェクト」に取り組んでいます。

注2 森林所有者や地域住民自らが行う環境保全型の持続的な小規模林業
 

プロジェクトや製品に関するお問合せ先

 〇広葉樹産業化プロジェクト等に関するお問合せ
  みなかみ町農林課林業振興係  ☎0278-25-8228

 〇モリートチェアや製品に関するお問合せ
   オークヴィレッジ株式会社  ☎0577-68-2244
   ホームページ https://www.oakv.co.jp/news_20200626.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます
 

お問い合わせ先

■問い合わせ先  農林課 林業振興係  ☎: 0278-25-8228