暮らし

高齢者・要援護者 冬期生活支援事業[12月~3月]

冬の暮らしをお手伝いします!!

事業の目的

労力的かつ経済的に自力で除雪等が困難な高齢者および要援護者に対して、冬期間の安全な暮らしを確保することを目的としています。

支援を利用できる期間

毎年度12月~3月まで

支援を利用できる世帯

  1. 在宅で、日常生活を営むのに支障のある65歳以上のひとり暮らしの高齢者世帯、もしくはそれと同等の環境にある高齢者のみの世帯。
  2. 身体障害者手帳の交付を受けた人で、1級および2級に該当された人のみで構成された世帯。

※ただし、町民税の所得割が課税されている世帯や、親族等から同等の支援を受けることができる世帯、集合住宅にお住まいの人等は対象外。

支援を受けるには

民生委員さんを通じて町に申請をしていただきますので、除雪をする前に担当地区の民生委員さんにご相談ください。

支援の内容

  1. 除雪支援:一世帯あたり期間中2回まで、屋根の雪下ろしにかかった費用を町が一部支援します。1回の支援額は1万円とし、それを超えた費用は自己負担となります。
  2. 冬期居宅支援:お住まいの建物が積雪により倒壊の恐れがあると認められた場合、町で委託した民間施設に一時居住できます。費用は1泊2食付き5,000円で半額の2,500円を町が支援します。また居住できる期間は最長で1ヶ月となります。

お問い合わせ先

■問い合わせ先  町民福祉課 高齢介護係  ☎:0278-62-2280