トップ > 町政 > 行政情報 > 交通政策 > 令和5年度みなかみシェアサイクル実証実験について

令和5年度みなかみシェアサイクル実証実験について

最終更新日:2023年12月28日

 町では、水上温泉街を中心としたエリアにおいて観光客や地域住民の交通手段を補完し、回遊性を高めるとともに、ユネスコエコパークに認定された町の自然をより深く体感いただくことを目的とし、令和4年度に引き続き、ecobike株式会社(東京都)が提供するシェアサイクルの実証実験を実施いたします。

実証実験の経緯

 シェアサイクルはサイクルポート間で自由に貸出・返却ができるため、町民および観光客の移動利便性の向上、地域の活性化および観光拠点間の移動推進に効果を発揮できると期待されます。また、2017年のユネスコエコパーク登録、2019年のSDGs未来都市選定など、豊かな自然と人々の共生、カーボンニュートラルなど持続可能な観光地を目指す町の基本理念に親和性が高く、町を肌で体感できる新たな交通手段としての役割を目指します。
 

令和5年度実証実験の概要

期間

令和5年4月1日(土曜日)から令和5年11月30日(木曜日)まで

サイクルポート設置場所

サイクルポート名 利用可能時間 標準設置台数 ラック台数
JR水上駅 24時間 8台 16台
源泉湯の宿 松乃井 24時間 6台 12台
みなかみホテルジュラク 24時間 6台 12台
ふれあい交流館 24時間 4台 8台
道の駅 みなかみ水紀行館 24時間 8台 16台

利用料金

15分につき50円(8時間の上限1,000円)

チラシ

令和5年度みなかみシェアサイクルチラシPDFファイル

スマホホルダー

スマホホルダー使用方法PDFファイル

実証実験報告書

【令和5年度】 【令和4年度】 【令和3年度】
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。