町政

猿ヶ京関所資料館

猿ヶ京関所資料館

施設概要

江戸時代、三国街道沿いに設けられた関所跡で、現存している役宅の一部を資料館として一般公開しています。猿ヶ京の関所は寛永8年(1631年)、三代将軍徳川家光の時に開設されたと伝わります。「入鉄砲(いりでっぽう)に出女(でおんな)」といって、江戸へ武具が入ること、人質となっていた全国の大名の妻子が国元へ密かに帰ることを防ぐため、幕府は全国53カ所に関所を設けました。その一つとして、三国峠を越えた上野(こうづけ)側の三国街道上に猿ヶ京の関所をつくったのです。館内では通行手形等を展示しています。 

所在地

利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1144番地
電話:0278-66-1156
アクセス:関越自動車道月夜野インターから車で30分

開館日

【4月から11月】月・火・土・日曜・祝日 / 9時から16時
【12月から3月】土・日・祝日/10時から15時(年末年始は休館)
※12時から13時は昼休み

入館料

※消費税10%への引き上げに伴い、令和元年10月1日より下記の料金となります。

区分 一般料金 団体料金
大人(高校生以上) 250円 250円
小人(小学生以上) 150円 100円
上記以外 無料 無料
※団体は20名以上
※群馬県民の日(10月28日)はすべて無料

御城印

猿ヶ京城の御城印は猿ヶ京関所資料館もしくは、まんてん星の湯(みなかみ町猿ヶ京温泉1150番地1)にて300円で販売しています。

施設の様子

猿ヶ京関所資料館

展示スペース

お問い合わせ先

■問い合わせ先  生涯学習課 生涯学習係  ☎: 0278-25-5025