暮らし

国民健康保険

国民健康保険~国民健康保険の概要を説明~

加入・脱退は14日以内に
職場の医療保険(健康保険、共済組合など)に加入している人以外は、すべて国民健康保険(国保)に入らなければなりません。
就職や退職などで、国保から他の医療保険へ、また他の医療保険から国保に変わる場合には保険証を確認し、14日以内に手続きをしてください。

届出が遅れると
国保に加入する届出が遅れると、保険証のない間の医療費全額が自己負担になります。後日、加入の届出をすると、前の保険が切れた日までさかのぼって国保の資格を得られますが、国保税も資格が発生した日にさかのぼって納めることになるので、一度に多額の保険税を納めなければなりません。
国保を脱退する届出が遅れると、社会保険加入後に国保の保険証を使用した場合は過大に給付してしまい、資格喪失の届出後に医療費を返還してもらうことになります。また、国保と社会保険の二重加入により国民健康保険税の過誤納が生じます。

学生用の保険証
家族と離れて住む学生のために学生用の保険証を交付しています。該当する人は、印鑑、国民健康保険証、在学証明書を持参して申請してください。
学生の保険証の有効期限は、翌年の3月31日までです。毎年4月に更新の手続きをしてください。その際にも、在学証明書が必要になります。学生ではなくなった場合は、速やかに保険証を返還してください。

届出が必要な場合

届出が必要な場合 手続きに必要なもの
加入するとき 他の市町村から転入してきたとき 印鑑、転出証明書
職場の健康保険をやめたとき、
またはその扶養家族でなくなったとき
印鑑
職場から発行された証明書(資格喪失日がわかるもの)
生活保護を受けなくなったとき 印鑑
外国人住民で住民票が作成された時
(在留期間が3ヶ月を超える時)
印鑑、在留カード、パスポート
脱退するとき 他の市町村に転出するとき 印鑑、保険証
職場の健康保険へ加入したとき、
またはその扶養家族になったとき
印鑑、国民健康保険証と加入した職場の健康保険証。
扶養家族になったときは、取得年月日のわかるもの
死亡したとき 印鑑、保険証
生活保護を受けるようになったとき 印鑑、保険証
外国人の加入資格がなくなったとき 印鑑、保険証、在留カード、パスポート
そのほかのとき 住所、世帯主、氏名などが変わったとき 印鑑、保険証
退職被保険者に該当したとき 印鑑、保険証、被用者年金の年齢(退職)
年金証書、裁定通知書
保険証を失くしたり、破損したとき 印鑑、破損した保険証、運転免許証などの身分を証明するもの
修学のためほかの市町村へ転入し、保険証が必要な時 印鑑、保険証、在学証明書

交通事故にあったら示談の前に必ず提出してください

交通事故などの第三者(加害者)によるケガや病気のときでも、国保で治療が受けられます。  このとき国保で負担した医療は、後日加害者に請求することになりますので、必ず国保窓口に届出をしてください。(届出をしないと不利益な処分を受ける場合があります。)
なお、加害者から治療費を受け取った場合には国保は使えません。示談はくれぐれも慎重に。

国民健康保険からの給付

国保では安心して医療を受けられるよう、次のような給付を行っています。 高額療養費

給付の種類 こんなとき 手続きに必要なもの 申請書
療養の給付 病気やケガでお医者さんにかかったとき 保険証を医療機関に提示
※ 交通事故の場合は、必ず役場窓口へ提出してください。
高額療養費 医療費が高額になり、一部負担金が一定の額を超えたとき 保険証、領収書、印鑑、預金通帳 高額療養費支給申請書
療養費 自己診療 やむを得ない理由で、保険証を使わずに治療を受けたとき 保険証、領収書、印鑑、預金通帳、診療報酬明細書(レセプト) 療養費申請書 (記入例)療養費申請書 海外療養費の場合は 診療内容明細書
鍼灸・マッサージ 医師の指示で、あんま、ハリきゅう、マッサージなどの施術を受けたとき 保険証、領収書、印鑑、預金通帳、診療報酬明細書(レセプト)、医師の同意書
輸血の生血代 手術の際に、他人の生血を輸血したとき 保険証、領収書、印鑑、預金通帳、医師の診断書
治療用装具代 治療上、必要があってコルセットを装着したとき 保険証、領収書、印鑑、預金通帳、医師の診断書
海外療養費 海外渡航中に治療を受けたとき 保険証、領収書、印鑑、預金通帳、診療内容明細書、パスポート
移送費 重病人の入院や治療に必要な転院など、移送費用がかかったとき。ただし国保が必要であると認めたとき 保険証、領収書、印鑑、預金通帳、医師の同意書
その他 出産育児一時金 被保険者が出産したとき
(退職後6ヶ月以内に出産される方は、加入していた健康保険から支給されるので、当該保険者に問い合わせください)
保険証、印鑑、預金通帳 出産育児一時金申請書 (記入例)出産育児一時金申請書
葬祭費 被保険者が亡くなったとき 保険証、印鑑、預金通帳 葬祭費支給申請書 (記入例)葬祭費支給申請書
人間ドック検診助成費 30歳から74歳までの被保険者が人間ドックを受けたとき(特定健診を未受診の方) 保険証、領収書(原本)、印鑑、預金通帳、検診結果(写)、質問票
※ 検診結果の写しは必要項目の転記でも支給可能です。
人間ドック申請書 (記入例)人間ドック申請書 質問票 検診結果(転記用)